これで完璧!外壁塗装

外壁塗装についての情報が満載

外壁塗装の契約時に注意すべきポイントとは

外壁塗装の契約時に注意すべきポイントとは 外壁塗装の役割は見た目を良くすることと思われがちですが、建物を保護する役割の方が大切です。
建物には金属や木材が数多く使用されていますが、それをそのままにしておくと雨風に晒されてすぐに痛んでしまいます。
表面の色も悪くなりますし、耐久性能にも影響を与えます。
そうならないために、現代では建物を建てる際には必ず何らかの塗装が施されます。
外壁塗装に使用する塗料には非常に幅広い選択肢があり、それぞれコストや得られるメリットが異なります。
そしてどのような塗装も一度塗ったら終わりではなく、大体10年程度の期間で寿命を迎えます。
それを過ぎたころになると塗膜がヒビ割れたり、壁から浮き出るような症状が表れることもあります。
季節ごとにことなる昼夜の温度差や強い雨風に加えて、日光にも晒されているので仕方のないことです。
メリットというのはこの寿命の差で、種類によっては倍以上の差があるものもあります。
寿命を迎えると保護する機能も十分に機能しなくなるので、早い段階で塗り直しをしなければなりません。
また目に見える症状が出ていない段階でも、施行時に聞いておいた塗料ごとに違う寿命を目安に再塗装を行なうと、建物が健康な状態を長く維持できるようになるでしょう。

外壁塗装を行うことで得られるメリットについて

外壁塗装を行うことで得られるメリットについて 外壁は家の顔ともいうべき部分ですから、常に清潔な状態を維持することが重要です。
しかし紫外線が直接あたる部分ですし、雨風にさらされているので汚れが付着しやすい環境にあります。
さらに大気中には様々な汚染物質があるので、時間と共にこびりついてカビや黒ずみが出てしまうのは当然です。
それらを改善することができるのが外壁塗装の工事で、10年に一度を目安に行うことによって美しさを保つ効果を出せます。
また外壁塗装のメリットは、見た目の美しさだけでなく家の寿命をのばすことにもつながります。
外壁は汚れが付着した部分から劣化が始まり、ひどくなるとひび割れを起こすことがあります。
ひび割れした部分から湿気や入り込んで、家の建築資材にまで影響を及ぼしてサビを発生させたり腐食を引き起こすきっかけをつくります。
そうなると家そのものが湿気が多い状態になるので、耐久性や強度が弱まったり、シロアリが発生しやすい状況を作ることになってしまいます。
ひび割れを補修して、長年こびりついた汚れを洗い流すことができるのが外壁塗装作業ですから、見た目の美しさの維持と寿命をのばす効果を出せます。
結果的に家の資産価値を下げないようにすることができるので、家に愛着を持つことができるでしょう。

外壁塗装時にエアコンの室外機はどうしたらよいか

住まいの建物も長い年月風雨にさらされていると色褪せてきたり、汚れが蓄積されくすんだ外壁となってしまいます。外壁の汚れはご自宅のイメージを悪くしますし、塗装の痛みは雨漏りの原因ともなりますので定期的に外壁塗装はしたほうがよいでしょう。
外壁塗装工事をする場合、周囲を塗料で汚さない為に養生シートでガードしますが、気を付けて作業を行っても知らないうちに塗料が飛んでいることがあります。飛び散った塗料で建物に付属している機器などを汚さないよう忘れずに養生しなければいけません。
少し予算を見ることができるのであればエアコンの配管カバーから室外機までいったん取り外してから作業をすることをお勧めいたします。外さずに塗装をするとその後ろの壁は色を塗るのができませんので後で取り外すことになった時に色が塗られていない壁が露出してしまいます。エアコンは設置業者への依頼が必要となり、費用も外壁塗装工事とは別途かかってきますので外す外さないはお客様の考え次第ということになります。

家屋修繕に伴う外壁塗装時のエアコン移動、撤去について

アパートなど賃貸物件に住んでいるのではなく、戸建て物件や分譲マンションを購入した者にとって、家屋修繕や大規模修繕に伴う外壁塗装は、避けることのできない必須課題です。
特に分譲マンションなど集合住宅の大規模修繕は、マンションの全住民の統一意志により計画的に準備実行されていくため、個人の意見が通りにくく、時期や価格、業者の選定などは客観的見地から最大公約数的に決まってしまうのが普通です。そして後になって思わぬ出費となるのが、外壁塗装に伴うエアコンの移動です。個々のマンションによって若干の事情の違いはありますが、エアコンの室外機が天井吊り式とバルコニー据え置き式の違いから、高額請求になるケースに分かれてくるのです。その価格も一台につき10000円前後と馬鹿にならず、全部屋に室外機があった場合には50000円以上の出費ということも有り得るのです。更に大規模修繕が夏だった場合には、全部屋の冷房がストップし、地獄の様なシーズンを迎えねばなりません。こういった事態を防ぐには、日頃から大規模修繕に備えて外壁から室外機を離しておくなどの準備が必要と言えましょう。また、なるべく暑い時期の大規模修繕を避けるよう、自治会役員に働き掛けることも大切です。

外壁塗装の効果は塗膜の形成により変わります

外壁塗装は、色が薄れたときや汚れたときなど見栄えをきれいにする目的と外壁の機能劣化を修復して、雨・風・太陽熱・紫外線などの自然の猛威から家を守る壁に変える2つの目的があります。どちらも重要な目的ではあるけれども、塗料は3~4回重ねて塗るのが外壁塗装の特徴ですが、重ねて塗る理由は塗料の膜を外壁に付着させるためです。これは塗膜と呼ばれるもので、外壁塗装の見栄えおよび自然からの猛威、2つの目的を達成することができるのか否かが決まる部分でもあるのです。
外壁塗装工事は、最初に高圧洗浄を行い汚れをきれいに落としてから、劣化している部分の修繕を行います。最初に塗るペンキは下地と2回目に塗るペンキを接着させる重要な工程です。下地は、外壁の表面を意味するもので、塗装の専門用語では下地調整と呼びます。下地をきれいに整えることで1回目、2回目といった具合にペンキを重ねて塗膜を形成させる、これが塗装品質に大きく影響を与えます。

一般的な外壁塗装にかかる期間はどれくらいか

"外壁塗装にかかる期間はいったいどれくらいでしょうか。塗装に必要な日数は家の坪数によって多少異なることが多いといいます。足場を組んでから洗浄を行って下地を補修することから始め、下塗りを2回行い、仕上げ塗りをしてから足場を撤去して完了となるため、1日・2日ではできないからです。
平均的に2階建てであれば1週間から10日前後が一般的といわれていますが、屋根も一緒に行う場合は2週間程度必要となります。基本的に1週間から10日の間に祝日・土日など外壁塗装業者の休日が含まれる為、更に日数は必要といってもいいでしょう。外壁だけなら2週間、屋根も一緒に行う場合は更に1週間プラスされると考えてください。
また、家が大きい場合にはさらに1週間程度プラスしたほうがいい場合もあるため、家によっては1か月程度かかる事も理解しておくことが必要です。足場を取り外して終了となるまで時間はかかりますが暮らしている分には問題ないため、安心して暮らすことができます。

外壁塗装を専門会社に依頼する時には安心できる会社選びは必須です

外壁塗装は殆どの住宅で必要になるタイミングというものがあり、外壁材による違いはありますが、通常では6年から8年が経過した段階で点検を行うことは必要です。
外壁塗装を必要とする状態に関しては、継ぎ目部分と窓枠のサッシ周りのシーリングが劣化していることや、色の変色や目立った汚れ、カビの繁殖が目立つようであれば施工するタイミングと考えることができます。依頼先の会社選びは慎重に行うことは必要とされ、悪質な会社の場合は塗料を薄め過ぎの状態で塗装を行ったりすることがあるので、必ず安心できる会社を探すことは大前提です。該当する会社の多くは現地調査と見積もりを完全に無料にしていることや、色見本の貸し出しを行っていて、自由に色選びを行える会社、手塗りではなくエアスプレーで施工する会社であれば依頼する価値はあります。通常は下塗りを含めて3度塗りの方法で仕上げるものなので、作業工程にきちんと含んでいる会社であれば安心して利用できるのではないでしょうか。

外壁塗装が住宅にとって重要な理由を把握しよう

外壁塗装は住宅にとって非常に重要なものです。
新築のときはきれいに塗られていても、時間の経過とともに劣化していくのが一般的です。
塗料によってそのスピードは異なりますが、寿命の大まかな目安は10年となっています。
その頃になると多数のクラックが入っていることも珍しくありません。
髪の毛程度の目立たないものもある一方で、割れ目の奥が見えないほど深いものもあります。
前者については軽軽しすぎる必要はないでしょう。
しかし、後者を放置していると、塗料の下の資材にまで影響が及びます。
腐敗が進んでいき、資材に亀裂が入る可能性もあるのです。
この事態にまで進行していると、もはや外壁塗装だけでは解決できません。
いったん塗料を剥がして下地の処理を入念に行うことが求められます。
費用も跳ね上がってしまうため、クラックが浅いうちに対処することが重要です。
その際の塗料の選び方もポイントであり、紫外線に強いなど環境にマッチするものを採用しましょう。

外壁塗装工事中は防犯にも力を入れることが欠かせない

外壁塗装工事を行うことになったら、多くの作業員や職人が出入りをするので、中には空き巣目的の人が紛れて混むことがあるので防犯面にも力を入れる必要があります。
外壁塗装では足場を組むことが一般的ですし、工事に必要な道具や脚立などの家の周辺に設置されます。
作業をする前に組み立てたり搬入をしていたら仕事がはかどりませんから、工事中は置きっぱなしになっていることが普通です。
そうなったら工事が行われていない夜間などに、脚立や足場を使って室内に侵入しようとする人がいる可能性があります。
また外壁塗装中は防汚シートで家を囲んでいるので、外から見ると人がいても見えにくいですし、人がいても工事関係者ではないかと考えるので疑うことはありません。
そのため普段以上に防犯面に意識をして生活をすることが必要で、必ず窓や玄関は施錠をすることが必要です。
足場を伝ってベランダにも入り込みやすいので、雨戸を閉めておくことも効果的です。

外壁塗装工事中は空き巣に注意をする必要がある

外壁塗装工事を行うときは、建物の高い部分の作業も行わなければならないので、作業員の安全と仕事の効率を維持するために足場を設置することが一般的です。
しかし足場を設置することで、誰でも上階によじ登ることができるようになるので、空き巣被害に遭いやすい傾向があります。
しかも外壁塗装を行うときは、防汚シートで建物全体を囲んでいることが多いので、その内側に入ったら外からは見えにくくなります。
空き巣は人が見えないところで活動を行いますし、足場を使用すれば二階以上にベランダや窓からも入りやすいと考えます。
そこで外壁塗装工事を行うときは、防犯を心がけるようにして、絶対に鍵を施錠することを忘れてはいけません。
外壁塗装をしている間は窓を閉め切っているので室内にいると息苦しいと感じることがありますが、その時は作業員に相談をして換気をする部分を作ってもらったりするとよいです。
夜間は必ず施錠をして、いつもより防犯に気を遣うことが必要です。

外壁塗装の予算を決めた上で業者や塗料を選択する

外壁塗装で予算をオーバーしてしまうという話はよく聞きます。
予算内で収めるために大切となるのは、業者・塗料の選択にあるのです。
業者によって料金が異なりますし、塗料によっても大きく変わってきます。
塗料に関しては高品質になるほど高額ですが、費用対効果を考えると安くなるケースが多々あります。
高額な塗料は耐用年数が長いので、外壁塗装のサイクルを長くできるわけです。
そのため数十年という長期スパンで考えてみると、高額塗料のほうが安くなることが多いです。
外壁塗装業者を選ぶときは、信頼できる業者か精査してください。
怪しい業者は数多く存在していますので、実績があるかよく調べておく必要があります。
地域に密着した業者は信頼性が高く、料金もリーズナブルに抑えていることが少なくありません。
外壁塗装は3回塗りが基本になっており、これを1回や2回に抑えてしまう業者を選ぶのは避けてください。
あまりにも料金が安すぎる業者の場合も疑ってみる必要があります。

外壁塗装業者を選ぶ時には必ず数社への見積もりが大切

外壁塗装は塗装品質を左右すると言われている下地調整が重要な工程になって来るのが特徴です。
下地調整を如何に丁寧に行うのかで、外壁の耐用年数も変わると言っても過言ではありません。
業者の中には塗装見積もりを塗装一式などのように記載して提示するケースもあると言われていますが、それぞれの工数がどれだけかかるのか、明確に記載をすること、そしてそれぞれの項目についてわかりやすく説明する業者を選ぶことが重要です。
外壁塗装のコストの内訳としては、足場の設置および解体、高圧洗浄・マスキング・補修工数や下地調整・塗料費用・職人さんへの報酬などになります。
細かく記載してくれる業者も多くあるので、金額面だけでなく見積もりを依頼する時には数社を利用することが重要です。
数社に依頼することで、外壁塗装の相場を掴みやすくすること、提出された書類の内容について営業マンが説明してくれますので、対応の善し悪しを把握した上で選べるメリットがあります。

もっと外壁塗装を知る

外壁塗装